*Menu*

ランキング

プロフィール

暁投資顧問

Author:暁投資顧問
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

暁レポートVOL149


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!




弊社のコースは全部で5コース!
コース案内はこちらから




暁レポートVOL149!11/11
号!


投資家の皆さんお疲れ様です~。


大型株へのシフトなら良いが、小型株や新興市場の下落が大きいです。
かなりの値幅が出ており、マザーズ指数の下落率以上に傷が深い印象。
日経平均は3日ぶりの大幅反発となったが、テクニカル要因で上値を抑えられており、
まだこれといった方向感は出ていない。




弊社の看板コースであるOP100・OP300コースの11月利益が確定!

OP100コースは月利15.2%!!!!

OP300コースは245000円の利益!!!!!月利8%!








本日の先物デイトレでは-55円。
休んだ明けのデイトレは-55円。安値で売らされてしまいました。
小レンジで動いてきましたね。明日頑張ります。









★個別銘柄デイトレ無料モニターの結果★


11月になりました。
11月の第4陣は1分となりました。
あまり下がりませんでしたが損ではなかった
1662 石油開発資源。
明日以降はもう少し利鞘を狙っていきます。









この荒れ狂う相場で乗り切れる弊社のような投資顧問を見つけることが
このブログを御覧の皆様の急務かな?と思います。
安心して取引出来る投資顧問をお選び下さいね。













さらに、5/23からの暴騰・暴落時でもCFDコースでは日経先物ラージ1枚で200万円の利益を達成!素晴らしい成績です。



現在はオプション、先物、CFD、株、全てがよい投資商品になっております。
どちらもどちらのヘッジになりますし、全コースオススメです。










★それでは各担当者のコメントをどうぞ★




コツコツコース担当の方、どうぞ!!!



今週が始まりました。
レンジ相場だと思いますが、どこに皆様は上限・下限を設定していますか?
レンジを知りたい方はお聞き下さい^^。







コツコツ300担当!相場・・どうなりますでしょうか?


今週は、まだレンジ相場が続きそうですが基本的には強気目線で見ています。
これからクリスマス商戦や、年末相場を控えていてそれに対する準備相場といいますか、要するにさあ上昇!!の前の段階と個人的には考えております。
では、さて日経はどこを超えてくれば安定して騰がるのか?
やはりそれは7月19日、9月27日、10月23日・・これらの高値を越えてくれば良いと思います^-^



スイングコース担当宜しくです。


お疲れ様です。
やはり大きく反発しました。
日経の習性は未だに健在でしたね。




CFD担当!原油の動向が気になります。

原油は高安マチマチの状況デス。
まだ仕掛けたばかりですが、すぐには動いてくれないようですネ。
金・銀はようやくシグナルに従ってきた感はありますネ^^
他銘柄も軒並み好調!早くDAXを利益確定したいという方も多いでしょうか!?^^;




暴落相場に強い株ビギナーコースの暁先生!締めのコメントをお願いします。


日経平均株価は大きく反発しましたがまだ方向感はありません。
とはいえ、下値も堅く余程の悪材料や円高に動くようなことが無ければ下値も限定的か・・・
となると当分揉み合いが続きそうですね。
こういうちゃぶついた相場で如何に損失を減らすかが資産を増やしていく上で鍵となります。



























『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す