*Menu*

ランキング

プロフィール

暁投資顧問

Author:暁投資顧問
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

暁レポートVOL8

暁レポートVOL8!4/15号!


投資家の皆さんお疲れ様です~。

SQでトレンド変わるかもしれないといった矢先の続落。
このように皆さんしっかりブログを見ておいて下さいね~。

さて本日はスイングコースがいいトレードを魅せてくれました。

パイオニアできっちりとって、
アドバンスドメディアでしっかりとってます!

パイオニアには213円で買い
アドバンスドメディアは78300円で買い

を金曜日に助言しておりました~。


一泊二日のトレードで合計20%強の上昇とれています♪
こういった日経が弱い時にこそ、投資のセンスが問われますよね~。


現在はオプション、先物、CFD、株、全てがよい投資商品になっております。
どちらもどちらのヘッジになりますし、全コースオススメです。
4月の成績発表が楽しみです~ヾ(@~▽~@)ノ



★さてーそれでは週明け続落の本日各担当者の声を聞いてみましょう!★




コツコツコース担当の方、どうぞ!!!



15500円コールどうなったでしょうか???
きっちり下げてきっちりプレミアムとれているでしょう♪
これがオプションの売りの本質。時間的価値に加えて下がるときはプレミアムは
思い切り下げてくるのでSQ日にトレンドとは逆の方を売る。これも1つのオプションの手口です♪
5月限は既に含み益の状態です♪更なる含み益上昇を目指して頑張ってまーす♪
今週はあまり日経自体動かないようなそんなイメージでおります♪





CFDコース担当の方、GOLDの含み益はどのくらい溜まったの?



金相場の暴落によって、含み益といいますか下落幅で書くと1573ドルで売り、現在は1450ドルを下回っていますのでそうゆう事デス^^
1555ドル割れで下に注意と散々ブログにも書いていましたので、少しヒントを出しすぎちゃったなと^^;
今晩はニューヨークに注目してます。シグナル出るか!?



スイングコース担当の方、どうぞ


本日のMVP(笑)お立ち台のスイング担当です。
今日のパイオニア、アドバンスドメディアでしっかりとったので今週前半は貯金が出来ました♪
この貯金を使って更なるいい助言をしたいと思います♪
特にアドバンスドメディアはまだまだ伸びる可能性大!しっかり派の人は利食い千人力で。
明日は日経平均株価自体、リズム的ちょっと陽線引くような?
でも火曜日のジンクスもあるしなぁと迷っているなうです!






コツコツ300コースの方、5月限はどんなポジション?ヒントプリーズ♪


ヒントは・・・!!
買いと売りの感覚を結構空けたスプレッドを組んでおります。
ボラティリティがまだまだ高いと予想されますので、このような手法が功を奏すでしょうと思っての事です^-^
思惑通りの展開になっているので、まだ仕掛けたばかりですが現在は「シメシメ」といったトコロです(笑。






株ビギナーコースの暁先生!締めをお願いします。

日経平均は大幅続落。
下の窓を埋めに行くのか、それとも埋めきらずに再上昇するのかを見極める一週間になりそうです。
上昇トレンドはまだ崩れていませんが、中国のGDP不振で関連銘柄は軒並み大幅下落。
やはり、欧州・中国は良くないとみていいでしょう。
業績に中国や欧州での売上げが大きく影響する銘柄は避けた方が良いかも知れません。
ここからはさすがに日経平均、TOPIXともに上値が重くなるということも考えられます。
逆に日経平均やTOPIXが下落しても下げ幅がそれ程大きくないような銘柄は狙い目かも知れませんね。


















『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す