FC2ブログ

*Menu*

ランキング

プロフィール

暁投資顧問

Author:暁投資顧問
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

RSS

暁レポートVOL3

暁レポートVOL3!4/5号!


本日を一言で例えるなら


黒田式ジェットコースター相場!



といえるでしょう。


寄り付きの先物やオプションではミスプライスが目立ちました。

まぁ不動産や銀行等の緩和の恩恵を最も受けるセクターのミスプライスも目立ちましたが・・(笑)

広報のマリコはただただ唖然としていただけの一日。

テクニカルはハチャメチャ!
出来高も戦後最大級を記録!

もうアホになって買えーーっって寄り付きから買った人たちが損する相場!

弊社では寄り付きからの新規買いの助言はしませんでしたよ~。
むしろ売り目線でいってました☆

こんな高値で買うよりは落ちてきたところを上手に拾うのが正しい投資手法の一つでは
ないのでしょうか☆



今日の担当者の声に注目です!


コツコツコースどうぞ~♪

どうもこんにちわんこそば!
今日はマリコも言っていた通り、ミスプライスが目立ちましたので新規の売買は無し。
本当に見てるだけの相場となってます^^。
プットがメインの仕掛けをナイトセッションにて行う予定。
拙い私が今日の相場を表すなら買ったらダメ相場!(笑)
危うくコール買いするところでしたからねあぶな~い。
SQまで残り1週間。何やら13000円が起点となる勝負になりそうですねぇ。
朝方までは13250円が焦点だと思いましたけど・・本当に(笑)
今日はつかれた方もいらっしゃると思うのでゆっくり週末お休み下さい。。


さて続いてはCFDコース担当どうぞ!!!

CFDコース担当としては、日経の動きだけを見ていました。
昨日、一昨日の上昇で、今日も窓空け上昇からのこの下げですから。
ボラティリティが凄い事になっていますね。
出来高も膨れていますから、こうゆう時はどっちかに飛ぶもんです。
見ものですね^^
それではまた来週!



お次はコツコツ300コース♪

最近の相場は、また値幅が出てきましたね。
先物・オプション観点からみると、とても新規で建てるのが億劫になる相場です(苦笑。)
ATMコールIVなんか見ても、怖さを感じますよ。
気になるのは寄り付きの出来だか膨張からの、、引けにかけての下落。
来週に繋がる動きなのか、単なる雇用統計前の手仕舞いとなったのか。
来週楽しみです!お疲れ様でした^~^


スイングコースの声を聞いてみましょう♪

どうもお疲れ様でした。
先物のロングを昨日手放したことは忘れました(笑)
売りで入るのも買いで入るのも非常に難しいジェットコースター相場でしたねぇ。
FXのサインは点灯していますよ~。
株は今日騰がってない株を買ってはダメ。国策に売り無しということで
国策銘柄メインに今年一杯売買助言行いたいと思います。
不動産セクター・・・凄すぎますねぇ。少し手を来週から出して拾うのも◎




最後は株ビギナーコース!!!!スペシャリストの見解をどうぞ。

昨日は安値から高値に一気に浮上しましたが、今日は真逆の展開。
安値に沈むとまではいきませんでしたが、日経平均500円強の上昇から引けは+199円と尻すぼみ。
大きく上昇したのは不動産、金融セクター。
ですが、昨日のうちにエントリー出来なかったなら無理して飛びつくこともないでしょう。
週明け、マーケットが落ち着きを取り戻してから買い場を探って行けばいいと思います。
債券市場も株式市場も大荒れとなりましたが、皆さん週末はゆっくり休んでリフレッシュして下さい。
今日は米雇用統計の発表がございますが、来週も上昇が続くのかどうか注目!






『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。』

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

●その他重要事項

当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

●十分読むべき旨

ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前の書面」の内容を十分にお読みください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す